モブランド

ようこそモブランドへ

ダンケルクを見ました

 

 ダンケルクを見ました。

私は普段、戦争映画なんかは絶対に映画館で見ないと決めているのですが(大きい音が嫌いなため)、なぜかダンケルクは絶対に映画館でみたいなあと思い頑張りました。

 

youtu.

ダンケルク、構成等全く前知識を調べずに見たのですが、時間軸が空と海と陸、大きく別れて3つあります。3つの微妙にずれた時間軸が平行して展開するので、初めはあれっと思いますが、段々慣れますし、最後にはその手腕に感心するばかりです。映画館では見ないだけで、第二次世界対戦に個人的に興味があるので、私は結構戦争見ますが、この映画は大分特異だなあといった印象を受けました。 

普通戦争映画といえば、主人公の姿を追いつつ戦場を描くみたいなのが基本だと思うのですが、3つの時間軸のなかにはそれぞれ中心の核となる人物がおり、やがて海・陸・空の人々と運命が交差するような形はあまり見たことありませんでした。

例えば、船が航海してるなか航空戦が行われており、英国航空機が敵軍撃墜ののち海面に着水し、船は着水地点に向かう。時間は少し前に戻り、空軍視点で英国航空機と独の空中戦が描かれる。さらにその頃、数日前の海岸線では………といった事の繰り返しです。これがまたスリルを生み、目をそらすことのできない程の緊迫感を助長させていました。

また、戦争映画で目をそらせないのは個人的に全く新しい展開でした。映画とはいえ残酷な描写を好んでみたいわけではないので、戦争ものは一回は目をそらしてしまうしアメリカスナイパーなんかは耳を塞いでたんですが、ダンケルクは特に目立った残酷シーンがあるわけではないです。

ただ、疲弊し故郷を切望する兵士たちの顔や帰りたい一心でがむしゃらになる様子、一瞬の安堵からの阿鼻叫喚、恐怖にわななく気持ちといったものが痛いほど伝わるので、彼らの一瞬一瞬から目が離せません。特にしばらくは船底には行けなくなるほどでした。魚雷なんてものは音楽も音律あるものというより、時計の音や風の男に、もしかして敵の航空機の音では?といった過敏になってる恐れを誘発するようなもので、余計に焦燥感を煽ります。だからこそ希望が見えたときはこちらも歓声を上げたくなるような祝福に包まれるのです。

加えて、映像がとても美しいですね。戦闘機が旋回するなかで映し出される霞のかかった青い空、どこまでも続いて見えるような空と海の太陽の輝きを受けた最果ては、いつまでも見ていたくなるような美しさです。独特の色合いは、これぞノーランのフィルム撮影によるものなのでしょうか?戦闘機が撃墜され煙を噴出して落ちていく様も、不謹慎にも見惚れる心地でした。そんな美しい海に重油と人間が漏れだす有り様は地獄の心地です。褪せた色合いに荒れる海、吹き付ける風の強さに、磯の香りをかいだような気がしました。

 

これは全くの妄言なんですが、こういった実話ベースのお話って能を見てる気分と似ていると思っています。とある出来事や人物かが存在し、誰かを主人公と定め、自分の解釈で自分なりに筋道を作成し役者が演じる。歴史的出来事によっては何度も題材として映画に取り上げられたりなんて事は珍しくないです。能は鎮魂と奉納・祝福が大きな役割ですが、戦争映画なんかはこういった側面がなにかないとただのグロい映像にすぎなくなってしまうので難しいところですね。歴史的にこんな事があったということだけを知りたいだけなら、別に映画を見る必要なんて全くないんです。個人の主観なんですけど。

散っていった人々の鎮魂、生き残った者への祝福、特に終盤「わたしたちの国が見える」と、人間に国を見た際なんかはこの映画には大いなる祝福が込められているのを感じ、胸を突き抜けるほどの喜びがありました。汽車から差し込む朝日の、なんと柔らかなことか、憂いなき子供の声の眩しいことか、特別な何かを成し遂げなくても、それだけで生きる祝福に思えて止みません。